その他

宝くじをギャンブルとして考えてはダメな3つの理由

宝くじをギャンブルとして考えてはダメな3つの理由

こんにちは、神代です!
今日は宝くじについて書きたいと思います。

誰もが夢見たことがあると思います。

「宝くじで1等当たったら何に遣おう・・・」

・仕事を辞めよう
・趣味を極めるために学校にいこう
・好きなブランド品をいっぱい買おう
・車を買い換えよう
・家やマンションを一括で買おう
・海外旅行にいこう

 

挙げ出したらキリがないほど出てくると思います。

誰もが夢見る宝くじ。
しかし、夢見る人の99%以上は何も当たらず、結局いつもの退屈な日常を過ごしています。
夢は所詮は夢。
宝くじを買った分のお金が消え、何事もなく日常に戻ります。

ここでは、趣味で少額しか買っていないような人ではなく、宝くじを「ギャンブル」として考えて買っている人に、宝くじ「だけは」やってはいけないという理由をお伝えしようと思います。

 

 



理由その1:還元率が異常に低い

宝くじをギャンブルとして考えてはダメな理由その1は「還元率が異常に低い」です。
その低さ、悪意を感じるほどです。

他のギャンブルの追随を許さぬ圧倒的還元率の低さ、なんと「約40%」です。
別記事ですが、世の中のギャンブルの還元率をまとめた記事がありますので、その他のギャンブルの還元率を知りたい方はこちらを見てみてください。

あわせて読みたい
還元率とは? 勝ちやすいギャンブルランキング!還元率とは? こんにちは! オンラインカジノを副業にしている神代です! あなたは、ギャンブルはお好きでしょうか? 私は大好き...

40%って・・・
1万円投資して4千円しか当たらないってことです。
しかし、元率をここまで低くすることで、当選者には莫大なお金が入るようになってるんですね。

ちなみに40%というのは当選者も含めた数字なので、実際にはもっと低いです。
年末ジャンボで例えると、3000円分を連番で買うと必ず300円は当たるようになってますが、300円って3000円の10%ですからね・・・
そりゃ数千円、数万円も稀に当たりますが、それらを全て含めても40%にはなりません。
莫大な金額の1等や2等を含めて40%になるのです。

かみしろ
かみしろ
実は僕も年末ジャンボは3000円分いつも買ってるんだ。
うさぎちゃん
うさぎちゃん
還元率が悪いものにお金を賭けるなんて珍しいわね。
かみしろ
かみしろ
そうだね、いつも大体300円だよ(笑)
かみしろ
かみしろ
まぁ、当てるつもりじゃなくて夢を買ってるつもりだから、ギャンブルとして賭けているつもりはないよ。
ライオン野郎
ライオン野郎
かみしろの強運でもやっぱり大体300円なんだな。
かみしろ
かみしろ
宝くじが当たる人なんて強運の一言では済ませられないような人だから、僕なんか全然だよ(笑)

理由その2:仕組みが悪どい

宝くじをギャンブルとして考えてはダメな理由その2は「仕組みが悪どい」です。
悪どいというのはイカサマをしているという意味ではありません。
宝くじの「システム」が私は非常に悪どいと感じます。
その理由を以下の例で説明します。

Aさんは言いました。

Aさん
Aさん
ここにいる10人で10000円ずつ集めてゲームをしない?
くじ引きをして、1等の人は20000円、2等の人は15000円、3等の人は5000円、それ以外の人は0円ね!
残りのお金は全部私のもの!
はい、やるひと~!?

・・・ふざけてんのかテメェと口走ってしまいそうになると思います。(笑)
でも宝くじとは上記の例と全く同じことをしているのです。

Aさんは国(宝くじを売る側)で、残りの10人は私やあなた(宝くじを買う側)です。
Aさんが60%のお金を持っていってしまう以上、冷静に考えてほぼ損しかしないゲームです。
この例で宝くじがいかに悪どいシステムであるかがわかっていただけたと思います。

ライオン野郎
ライオン野郎
確かにこの例えだと絶対やりたくねぇな・・・
かみしろ
かみしろ
そうだろ?参加者が多い、1枚あたりが安い、配当がとてつもなく高額、こういった条件だから見失いがちなシステムなんだけど、冷静に考えるとひどい仕組みさ。
うさぎちゃん
うさぎちゃん
ほとんどが胴元である国に持っていかれちゃってるのね。
かみしろ
かみしろ
そういうこと、こんな条件で勝てるわけがない。
かみしろ
かみしろ
僕はギャンブルで負けることが大嫌いだから、宝くじは1年に1度、趣味でしかやらないのさ。

理由その3:当選者は悲惨な末路を辿ることが多い

宝くじをギャンブルとして考えてはダメな理由その3は「当選者は悲惨な末路を辿ることが多い」です。
当選すること自体がまぁあり得ないものですが、運良く当選した場合でも大きなリスクはあります。

通常のギャンブルであれば、人生における価値観が大きく変わるような利益は出せないことがほとんどです。
しかし、宝くじは人生そのものが変わってしまうほどの大金が一度に手に入ります。
その影響で、お金に対する価値観が大きく変わり、最終的に破産、破滅してしまう人が後を絶ちません。

価値観の変化から、金銭面的に破産、破滅する可能性も高いですが、問題はそれだけではありません。
実のところ、最も多いのは家族内、親戚内のトラブルなんです。
家族内だけでは済まず、縁遠かった親族までもが「おすそわけ」を要求してくる可能性もあります。

特に関わりのなかった親戚から金銭を要求されて気持ちの良い人はいないでしょう。
かといって少しは渡さなければ親戚間のギスギスが生まれます。
渡してしまったら次は家族間で「なんで渡したの?」という別のギスギスが生まれます。
大金が入った以上、まず間違いなく家族間、親戚間でのやっかみはあるでしょう。

「なら確固たる意志で誰にも言わずに内緒にすればいいじゃん?」と思うかもしれません。
しかし、それは無理な話しなのです。
例えば、普段はランチに1000円使っている人だとして、宝くじが当たったからもっと高い、3000円や5000円のランチを食べてみようと考える人は少なくないと思います。
しかし、金額が3倍以上になっているとはいえ、脳内麻薬であるドーパミンが3倍出るとは限りません。
要は、1000円のランチの3倍以上の値段だからといって、3倍美味しく感じることは無い、ということですね。
となると、人間は次にこう考えるのです。

「10000円のランチならどうだろう?」と・・・

大金が入ったから多少の出費なんか気にもなりません。
人間は貪欲なので次から次へと自分が満足できる何かを探し、求めます。
・・・そりゃあ誰でも気づきますよね。(笑) いきなりそんなに生活レベルが上がっちゃうと。(笑)

例え口では何も言わずとも、行動で周囲には知られてしまうのです。
もし行動すら変わらないとしたら、それはもう宝くじが当たった意味がないと言わざるを得ないでしょう。
せっかく当たったのに、何もしないんじゃ全く意味がありません。
しかし行動すると知られる。
つまりは宝くじが当選した時点で周囲に知られることは確定しているのです。

宝くじは当選した後にこそ注意が必要だということですね。
正直、宝くじは当たらないのが一番だと私は感じます。

うさぎちゃん
うさぎちゃん
私は宝くじが当たったらみんなに言っちゃいそう。
ライオン野郎
ライオン野郎
俺は言わずとも羽振りが良すぎてバレそうだ・・・
かみしろ
かみしろ
僕だってたぶんバレちゃう・・・今まで持ったこともない大金が手に入るんだから、誰だって気も大きくなるし、口も軽くなっちゃうよね。

まとめ

宝くじはまず当たりません。
1等にももちろん当たる確率があって、それに賭けているのだから当たる可能性はあります。
しかしそれは、日常生活で起こりえる「ラッキー」の中で最も低い確率であるといっていいでしょう。

100人程度が集まるビンゴ大会で10回連続で1位を取れるくらいの強運の持ち主でなければまず当たりません。
当たらないような確率なのです。

それを追い求めて何十万、何百万と注ぎ込むメリットが宝くじにはありません。
還元率が異常に低い宝くじをギャンブルと考えてはいけないのです。

宝くじはあくまで「夢を買う」のであって「当てる」ものではないという認識は持っておいたほうが良いでしょう。

そして運よく夢が叶ったのなら、ある意味、人生の分岐点はそこから始まるというということは頭に入れておいてください。

当たって大金を手に入れるのは「覚悟」が必要です。

かみしろ
かみしろ
いつの時代も人を狂わすのはお金だよ。
うさぎちゃん
うさぎちゃん
怖いわね、私宝くじなんか当たらなくていいわ。
ライオン野郎
ライオン野郎
俺も、パチンコくらいにしておくよ。
かみしろ
かみしろ
オンラインカジノが一番さ!